結納の使い道

  結納金は、もともと反物などの物品を送っていた名残で、小袖料や御帯料などと呼ばれますが、簡略化されて、最近は物品を添えずに現金だけで済まされることが多くなりました。
結納によく付いてくる酒肴料というものもありますが、こちらも、これから親戚として仲良くしようと言う意味を込めて用意されるお酒の代わりとなるものです。
現金で受け取るので、結納金の使い道に悩んでしまいがちですが、結納金は頂いたものですから、新婦側が何に使おうと自由です。
結婚式で早速使う方や、新婚旅行や住宅購入費、子供が生まれたときの臨時費用とする方も中にはいるようです。
   使い道について、新郎側に報告する必要はありませんが、感謝の気持ちを伝える事が大切です。
新郎側の両親が遠く離れている場合は手紙で使い道などを感謝の気持ちと共に送る事も出来ます。
今後、長く良い関係を続ける事を考えると、感謝の気持ちを簡単にでも伝える事が必要だと思われます。

池袋のホテルでプロポーズするなら
ホテルメトロポリタン内のレストランキュイジーヌエストは池袋のホテルでプロポーズをお考えの方にぴったり。おいしい料理と眺望とおふたりの未来に乾杯。

千葉で結納&ホテルウエディングをお考えならハミルトン上総
千葉で結納からホテルウエディングまで叶えてくれるのはハミルトンホテル上総。ご希望に合わせてご結納品の紹介やご会食会のお部屋、お料理のご案内をさせていただきますので、まずはお気軽に相談を。