結納金返し

 婚約後、結婚式を行う前に両家の顔合わせも兼ねて執り行うことの多い結納ですが、結納金を頂いたら結納返しを考えなくてはなりません。
しかし、結納返しは「必ずしなくてはならない」ものではありません。
 特に関東と関西では大きく異なるため関東式、関西式と呼ばれています。また、関東式・関西式が折衷されている場合もあります。 関東型の「交わす」結納では、女性側から「御袴料」として結納金の半額程度を包む半返しが一般的です。
 関西型の「納める」結納では、結納返しはあまり行いませんが、1割程度のお返しというのが一般的です。いずれにしてもお金が関わるので、双方でよく話し合いをした方がようでしょう。
 結納返しはお金ということが多いですが、記念品として形に残る物を贈ったり、結婚後の生活に役立つ物を贈ったり、相手が欲しがっていたものを贈るという場合も増えています。
結納返しの金額や品物は、結納金によってかわってきますし、両家の両親の希望や風習も大切なので、事前によく話し合って決めておくようにしましょう。

新宿で結納もできる人気の結婚式場といえば
新宿で結納もできる人気の結婚式場といえばwest53rd 日本閣。結納、お顔合わせのお食事会も承っております。お慶びの日にふさわしいお料理と会場で和やかなひとときをお過ごし下さい。